2017年04月26日

刻刻 1-8巻完結 堀尾省太 感想

以前割と評判が良かったので読み始めましたが、1巻途中であまり面白く感じずに読むのを止めた過去が有ります。ゴールデンゴールドを読んで面白かったので、過去作を調べたところ刻刻(著者名忘れていました。すみません)が判明し、楽天koboで1巻無料だったこともあり全巻読み直してみました。ちょいネタバレあります。

あらすじ
過去の夢を見ていた樹里がおじいちゃんに起こされる。ここ祐河家はおじいちゃん(作中はじいさん)、お母さん(パート)、お父さん(無職)、長女の樹里(主人公)、次女(シングルマザー)、長男(ニート)、次女の息子(甥)で暮らす、少しお金が足りない感じのどちらかというとちょっと残念な感じの一般家庭。

ある日長男の翼と甥の真が突然の誘拐事件に会う。身代金500万円を要求されるもその受け渡しに絶対間に合いそうにない。そんな中、じいさんが樹里とお父さんを呼び"努力"と書かれた石の置物を机に置く。そして自分の手を切って流れる血を石の上部に空いた穴に流し始める。するとどこかから白いクラゲのようなものが飛んできて、樹里たちの体に飛び込んだ。

外に出てみると時間が止まっていた。じいさんが石と血を媒介とした「止界術」で時間を止めたのだ。その静止した時の中、翼と真を取り戻すため3人は犯人たちの元へ向かうが、これは巧妙に仕組まれた罠だった。

感想(レビュー)
話が長いので、あらすじは1巻の1-1.5話ぐらいの話でやめています。

ネットで随分評判が良いのとゴールデンゴールドが面白かったので、読んでみました。本作は小説等では体験出来ない、マンガが持つ説得力を存分に発揮した作品です。「時間が止まった世界」の表現方法はいくつもあると思いますが、その画力で読者に有無を言わせない止まった世界を提示した作者の力量は素晴らしいと感じました。

また全体的には伏線の張り方と回収がうまく、(一気読みしたので)ここでそれが来るか、と思わされることもありました。

しかし一度読むのを止めた時を思い出しました。なんでか地味なんですね、この話。時間の止まった世界の中で、ごく近所を舞台としてバトルを繰り広げる。じいさんの持つ止界術の中で使える超能力は数メートルの瞬間移動。中盤樹里が能力に目覚め、止界術の中で動き回る人を強制的に追い出せるようになってからは近接バトルの要素が出てきますが、あくまでも普通の人が考えた戦い方で、決して派手な戦闘やどんでん返しのカタルシスはあまり有りません。また終盤には甥の真が神ノ離忍(カヌリニ)と呼ばれる止界術の中の管理人(見た目はゴーレムにたくさん枝が生えているようなモンスター、意志の疎通は出来ない)を操れるようになりますが、その事柄が直接的に関わってくる訳では有りません。
ストーリーもその表現もよく練られており読者の予想を覆す展開が多く楽しめはしますが、普通の人の戦いがリアル過ぎて地味になっていると思いました。

また画面が白っぽいイメージが残りますね。トーン等はしっかり使われており、書き込みもすごいのですが、表紙のデザインのためなのか、なぜか画面が白いイメージが有り、これも地味なイメージにつながっていると思います。

最後はボスキャラ助けたり(一般市民としては当然の行動と思います)、突然出てきたキャラで強引に解決する(伏線回収のためには仕方がない)など、粗というか肩すかしというか、残念な部分もありました。こうしてみると最初から最後まで抑揚の大きくない(決して小さくはないです)作品だったと思います。

本作はかなり良くできていると思いますが、読む人を選ぶ作品ですね。
posted by tkkn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。