2014年11月05日

Windows8.1 Pro DSP版のクリーンインストールが出来ない

HDDをSSDに交換し、Windows8.1 Pro DSP版をインストールしようとした所、インストール後に通常版(Pro版ではない)Windows8.1として起動し、認証も通ってしまう。この認証はDSP版のキーを使用していない、PC本体に記録されたものを使用していると思われる。


調べたところ、以下に解決方法がありました。



ちょっとややこしかったので、以下備忘録として残しておきます。


概要ですが、USBメモリにインストール用DVDの中身とインストールキーの書かれたファイルを追加して、ブート可能に変更する。それを使えばDSP版インストールキーが使用可能になる、といった感じです。


1.インストール用USBの準備

8GB以上の容量をもつUSBをインストールメディアとして使用します。

今回は手作業で起動用メディアに設定しました。




USBメモリはEドライブ、DVDはDドライブの状態です。

 管理者権限で起動したコマンドプロンプトから以下のコマンドを入力します。

C:\> diskpart

DISKPART> list disk
  ↑
 list diskコマンドでUSBキーのdisk番号を確認し、
 次のコマンドのdisk番号に指定します。
  ↓
DISKPART> select disk 2

DISKPART> clean
DISKPART> create partition primary
DISKPART> select partition 1
DISKPART> active
DISKPART> format fs=fat32 quick
DISKPART> assign
DISKPART> exit

 次にDVDの中身を全部USBにコピーします。

C:¥> xcopy D:¥*.* /s/e/f E:¥
C:¥> D:¥


 USBキーをブートできるように設定します。


D:¥> cd boot
D:¥boot> bootsect /nt60 E:
D:\boot> exit

ここまでで起動可能なインストールUSBが完成します。しかし、DSP版のインストールキーはまだ使えない状態ですので、次にDSP版インストールキーの設定を行います。

まず、2つのテキストファイルを準備します。

PID.txt
EI.cfg

ひとつは拡張子がtxtではありませんが、両方ともテキストファイルです。


PID.txtには以下の値を書き込みます。

[PID]
Value=XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

XXXX...の部分に、DSP版のインストールキーを設定します。


EI.cfgに以下の値を書き込みます。

[EditionID]
Professional
[Channel]
Retail
[VL]
0


両方のファイルをUSB\sourcesフォルダにコピーします。

これでインストール用USBの完成です。


2.Windows8.1 Pro 64bit DSP版の再インストール

PCをUSB起動出来るようにUEFIの設定を変更し、再起動すると、無事USBから起動しインストールが開始されます。


3.インストール完了後

 コントロールパネルのシステムから、Windowsライセンス認証が完了しているか確認します。

 ライセンス認証が完了していない場合は、右下にWindowsのバージョンとビルド番号が表示されます。

 未認証の場合は、インターネットへの接続環境と、PID.txtに記載したインストールキーを確認して下さい。

 ネットに接続出来ている場合は、認証をクリックして完了です。
posted by tkkn at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

PC買いました。

AcerのV3-111P-P9T0ピンクを購入しました。約53500\でした。

色はピンクと言ってもビビッドなピンクでパステル調ではありません。


日本のAcer E3-111相当だと思います。


スペックですが、

CPU
Pentium N3530 2.16GHz TB 2.58GHz 4スレ4コア
MemoryDDR3L-1333 4GB
GraphicsIntel HD Graphics
HDD 500GB (Seagate製がついてた)
OSWindows 8.1 64bit
液晶11.1インチ ノングレア
WiFi + BT4.0Broadcom製がついていました。


IntelのWEBを見たところ、最大メモリは8GB。


とりあえずHDDをメインPCで使用していたSSD 256GBへ交換(メインPCは512GBへ交換済み)しましたが、、残念ながらHDDはSATA2接続となっていました。

また、WiFi + BT4.0をAdvanced-N 6235に交換(なんとなく)。

OSをWindows8.1からPro版へ変更しようとした所、クリーンインストールが出来ない現象が出てしまいました。

posted by tkkn at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

NEC Lavie Light BL350/FW6のメモリ4GB交換

さて、ここ数年の疑問だったAtom N570において4GBのメモリ使用が可能かどうか確かめてみるためにBL350/FWを購入しました。ヤフオクです。

使用しているチップセットのNM10 Expressは最大4GBのメモリに対応。

ところがこの当時ATOMの制限であった1Rank構成の4Gメモリは市販品では存在せず。現在ではAtom N570は最大2GBまでのメモリにしか対応していないとインテルのWEBに明記されていますが、メモリが存在しないから2GBの制限って言っている→メモリさえあればもしかしたら4GBで動くのでは、と考えていました(メモリは存在したかも知れませんが、マスマーケットに流通するレベルでは有りませんでした)。

また最近までネットを見ても4GBのメモリ交換にトライはしたものの、メモリスペックが不明確で有ったり、2Rankのメモリを使用しているなど、求める答えが見つかりませんでした。

しかし、現在はメモリスペックなどの情報が充実しており、価格もお手頃。以前は存在しなかった1Rank x 8構成のメモリをついに試すことが出来ました。

そんなBL350/FW6の現在のスペックですが、

CPU Atom N570 2コア 4スレ
チップセット NM10 Express
OS Windows7 Home Premium 32bit版に変更
メモリ 2GBに交換済み
HDD SSD(256GB)に交換済み。
無線LAN Intel Advanced-N 6235に交換するも、Bluetoothが有効にならず、オリジナルに戻す。

この状態でWindows エクスペリエンス インデックスは3.0

WEI.jpg

ここから、メモリの4GB化により、WEIのグラフィックの値が3.2ぐらいになると予想を立てつつ、実験にうつります。


使用メモリ: KingstoneのKVR16S11S8/4 4GB 1Rx8 512M x 64-Bit PC3-12800 CL11 204-Pin SODIMM

メモリスペック詳細:


このページのPDFを確認して下さい。KingstoneのWEBで使用している写真は2Rankっぽいですが、実物は以下のとおり、すっきり1Rank構成です。

メモリパッケージ.JPG

メモリ.JPG

オリジナルのメモリを外しKVR16S11S8/4を挿し起動した所、液晶画面が真っ暗のまま、起動しませんでした。残念ながら、IntelのATOM 2GB制限は本物でした。メモリスロットが2つなら、2GB x 2で4GBに出来たかも。

残念ながら起動しませんでしたが、今回使用したメモリはPC-12800のメモリ。PC-8500の1Rank 4GBメモリは見つけられていません。発見出来たら試したいけど、もういいかも。
posted by tkkn at 19:43| Comment(1) | TrackBack(0) | BL350 | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

PS Vita 64GBにお引越し

部屋の片付けをしていたら、以前に購入したVita用メモリーカード64GBが出てきた。

Vita購入時から32GBのものを使ってますが、ずいぶん前に64GB買ったの忘れてました。


Vitaの64GBメモリ.jpeg
すでに保証期間が半分弱過ぎてしまっていますが、今から動作確認をしたいと思います。

<データ移行の方法>

以下を参照しながら、今回はWeb閲覧用PCを使ってデータ移行してみます。

ソニーオフィシャルサイト


<必要なソフト>

コンテンツ管理アシスタント for PlayStation


CMASetup.exeをダウンロードし、PCにセットアップ。

データフォルダを設定し、完了をクリックするといつの間にやらコンテンツ管理アシスタントがタスクトレイにいます。

<バックアップとリストア手順>

  • VitaをPCに接続。
  • Vita上でコンテンツ管理を実行。
  • バックアップをタップ。


18GBも有ったし。すごく時間がかかりそうなので、なくなくゲーム(とセーブデータ)をいくつか削除。

  • 再度コンテンツ管理からバックアップを実行。


今度は4431MBまで減ってた。64GBもいらないじゃん。10分程度で終了。

  • USB接続を解除した後、カードをフォーマットし、電源を切ってからメモリカードを抜く。
  • 新64GBメモリを入れ、電源ON。
  • 念の為にフォーマット。
  • USB接続し、Vita上でコンテンツ管理を起動。
  • リストアを実行。

15分ほど待つと完了。

テラリア元通りでよかった。まだ一つもボス倒してないけど。

アフィは私の持っている初代(PCH-1000)コズミックレッドと、お勧めカラーのPCH-2000ピンクブラックVitaにしました。






posted by tkkn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Vita | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

Mac MIni 2014 (2)

ピンチ。現在iTunes無しで使用中のiPhone達ですが、iOS7.1が出たことにより、ちょっとバックアップを取る必要性が出てきました。

もともと2月中に購入する予定だったMac Mini2014ですが、Mac Rumorsではずっと"Don't buy!"で更新なし。最新の21/FEBの情報は、"2014年版Macに不透明さを残すインテルのCPUロードマップ"と言う事で2014年2月が無かった今、通常通りMacbook Pro発売から数か月後にMac Miniを発売するストーリーが想像される様です。

とても困った。いっそ買うかとも思いますが、ここまで待ってしまった以上もう少し買い控えても良い様な気もしつつ、新型Macbook Pro発売以降にMac Miniが出た場合、とんでもなく待つ話になるので、おなかいたい。

iPad Retina買った時も、128GBが無かったので仕方なく64GBにしましたが、3日後には入荷してたからなぁ(しばらく入ってこないって聞いたのに。キャンセル品でしょうか)。

すっと悩んでるなら買った方が精神衛生上良いのですが、今度買うMacはしばらく使い続ける必要が有るので、やっぱりおなかいたい。

もうしばらくピンチは続きそうです。


ラベル:Mac Mini 2014 Mac
posted by tkkn at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。