2012年09月03日

Dynabook AZ ubuntu 12.04 その後

やっとAZでubuntuが動くようになりました。

が、残念ながら日本語環境やキーボードレイアウト等、常用するには不都合がいくつかあるので、それの解消を目指します。

インストール後やること

・無線LANセットアップ
・パッケージリストアップデート
・日本語環境のインストール
・LXDEのインストール
・キーボードレイアウトの変更、修正

・Chromiumのインストール

・Synapticのインストール
・いらない物のアンインストール
 ・Firefox
 ・unity-2d

その他
・swap

以下、メモ書き

・無線LANのセットアップ
 各種インストール/設定変更を行うために無線LANを設定します。起動後のインジケータから無線LANを設定しましょう。

・パッケージリストのアップデート
 ターミナルからapt-get updateを実行

・日本語環境のセットアップ
 Unityランチャーから設定-Language Setupを起動すると、ファイルが足りないとのメッセージがでるので、そのままインストール。
 再起動後、日本語表記になっていることを確認できます。

・LXDEの設定
 Unityがとても重たいので、デスクトップ環境をLXDEに変更します。
 ターミナルから、sudo apt-get install lxdeを実行します。

 再起動時にログイン画面でデスクトップ環境をLXDEを選択しログインします。

・キーボードの設定
 英語キーボードになっているので、日本語キーボードに切り替えます。
 /etc/default/keyboadの内容を以下の通り変更します。

XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp,jp"
XKBVARIANT="106,"
XKBOPTIONS="lv3:ralt_switch"

 これで日本語キーボードのキー配列になりますが、一部(|とか_とかescとか)がまだ入力できません。そのフォローを次のとおり設定します。

・設定ファイルの作成
 /home/user(xxxx)/の下に.Xmodmapファイルを作成し、次の内容を書き込みます。

 ・gedit ~/.Xmodmap
  下記の内容を新しく書き込む

keycode 81 = backslash bar
keycode 84 = backslash underscore
keycode 234 = Escape

  これで、日本語入力環境が整いました。

とりあえず、apt-get updateとapt-get upgrade、apt-get autoremoveを実施して完了。

※なんとかAZ関連の記事はAZで投稿しています。漢字変換よりも入力がついてこないことがままあるのがちょっと辛いかも。

posted by tkkn at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | dynabook az | 更新情報をチェックする

Dynabook AZ ubuntu 12.04インストール手順

前回はFlash動かないから11.04に戻すかどうするかで止まっていましたが、12.04+ChromiumでYoutubeを見たところ、(元々液晶の表示色数少ないとかも有り)最低画質でもいろんな意味でちょっと厳しい結果に終わりました。

やっぱりFlashじゃなくスペック低いことが問題ですね。

で、散々インストールを繰返したので、ここらでインストール手順をまとめてみる(もうFlashは忘れよう)。

正しい手順は
https://wiki.ubuntu.com/ARM/TEGRA/AC100
このページ(公式)で確認して下さい。

※このページの手順を使用したことによって受けるいかなる被害、利益も当方に責任は有りません。自己責任でどうぞ。

・必要な物
 ・ubuntuが動いている母艦PC
 ・AZ
 ・USBメモリ
 ・USBケーブル(A-miniB)

・手順概要
 ・AZ書き換えツールnvflashの準備。
 ・USBメモリへOSのイメージ(Preinstalled rootfs)準備
 ・ブートローダーの書き換え
 ・AZへOSイメージ読み込み
 ・ubuntuインストール

では早速nvflashの場所です。
http://share.grandou.net/debian/nvflash
のnvflash_20110628-2_all.debを使用します。

ダウンロード&インストール方法は以下の通り。

$ cd /tmp
$ wget http://share.grandou.net/debian/nvflash/nvflash_20110628-2_all.deb
$ sudo dpkg -i nvflash_20110628-2_all.deb

/tmpにダウンロードしたNvFlashファイルをdpkgでインストールしています。

次にAZのインストールイメージの準備です。

http://cdimage.ubuntu.com/releases/12.04/release/
ここから、
BootimageとPreinstalled rootfsをダウンロード。

Bootimage
http://cdimage.ubuntu.com/releases/12.04/release/ubuntu-12.04-preinstalled-desktop-armhf+ac100.bootimg

Preinstalled rootfs
http://cdimage.ubuntu.com/releases/12.04/release/ubuntu-12.04-preinstalled-desktop-armhf+ac100.tar.gz

※08/23にubuntu 12.04.1がリリースされていますが、preinstalled(ディスクイメージ)の配布は12.04までです。また、そのリリース前まではUbuntu 12.10 (Quantal Quetzal) Daily BuildでAC100/AZ用のファイルが準備されていましたが、もう存在しません。11.10から公式動作環境としてサポートされていましたが、こっそり止めるのでしょうか?

母艦PCでフォーマットしたUSBメモリ(ext4)にubuntu-12.04-preinstalled-desktop-armhf+ac100.tar.gzをコピー。

ここから実際にAZのeMMCメモリを書き換えます。
※AZの中身が書き換えられますので、バックアップを取りましょう。

・母艦PCとAZをUSBケーブルで接続(AZ側は電源コネクタの左側にあるUSBのminiBを使用します)。
・AZの電源を入れる(esc+ctrlを押しながら、電源ボタンを5秒ほど押し続ける。その後電源ボタンを離した後2秒ほど待つと画面は真っ暗なのに電源ボタンが点灯します)。
・母艦PCからBootimageを書き込む
nvflash --bl /usr/lib/nvflash/fastboot.bin --download 6 ubuntu-12.04-preinstalled-desktop-armhf+ac100.bootimg
bootimageのパスは環境に合わせて下さい。

メモリ書き込みが進み、最後にSuccessの文字が表示されると成功です。

・AZの電源を長押しして電源を切り、USBケーブルを外します。
・AZにUSBメモリを挿します。

AZの電源を入れると、USBにあるubuntu-12.04-preinstalled-desktop-armhf+ac100.tar.gzを探し当て、AZにコピーするか聞いてきますので、yを入力しセットアップを開始します。

その後はubuntuのセットアップ手順と同等です。
posted by tkkn at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | dynabook az | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

久しぶりにDynabook AZをいじってみた。

試験勉強疲れ -> 衝動的にNintendo3DS LL欲しくなる -> お金無い -> お金使わずに遊べる古いノートPCにLinux入れる -> Ubuntu 12.04入れる -> 軽量Distro探す -> 色々入れる -> 結局Windows XPとLinux Mintのデュアルブートにする -> AZを持っていた事を思い出す -> Ubuntu 12.04入れる -> 12.10 Daily Build入れる -> インストール出来ない -> 12.04に戻す -> Flash使えない -> 11に戻すか!? (今ここ)

とりあえずクロックアップカーネル入れて、このブログの入力ぐらいは出来るようになってます(Ubuntu12.04 + クロックアップ(1.5GHz) + デスクトップ環境をlxdeに変更 + 日本語キーボード設定まで(まだアンダースコア入力出来ない))。
ラベル:ubuntu
posted by tkkn at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | dynabook az | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

Mac OS X 10.4 TigerのFlash Player

おつかれ。

iMacにFlash Playerがインストール出来ないのは、OSのバージョンとFlashのバージョンが合っていないからだと思います。

以下の手順で、Flashをインストールしてみて下さい。


その1

Flash Playerのダウンロードサイトを開く(下のリンクをクリック)。

下の画面が開くので、オペレーティングシステムまたはブラウザの変更をクリック。

flash1.png


その3

下の画面が開くので、手順1と手順2を選んだ後に、今すぐダウンロードをクリック。

flash2.png


その4

クリックすると、下の画面に変わって、ダウンロードが始まります。
flash3.png


その5

ダウンロードが完了したら、Finderでダウンロードを開くと、install_flash_player_osx.dmgと言うファイルが入っています。

flash7.png


その6

install_flash_player_osx.dmgをダブルクリックすると、下の画面が開きます。

flash5.png


その7

その中にある、Install Adobe Flash Playerをダブルクリックすれば、Flash Playerのインストールは完了です。

お疲れさまでした黒ハート
posted by tkkn at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac OS X | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

CentOS5.5 on HP2510p 無線LAN(intel 4965)

勢いで購入してしまったHP2510pの使い道が思いつかず、困ったときのCentOSインストールという事で、CentOS 5.5 x64をインストール。
有線LANでアップデート終了後、無線LANの接続をトライ。
起動すらしませんでした。

CF-R3へのCentOSインストールを思いだし、ググるとCentOS.orgにWikiがありました(ここ)。

続きを読む
ラベル:CentOS 2510p 4965
posted by tkkn at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。